プロフィール

こんにちは、Veganフードクリエイターの門脇 令奈です。

食の問題で9つの「こ」食というものがあり、私はこの「こ」食をやらかしまくった過去があります。

赤ちゃんの時はミルクを規定量飲まない、

小学生の時は好き嫌いが激しく給食が食べられずいつもみんなが午後の授業をしている中、ひとりポツンと食べ終わるまで給食を下げさせてもらえないことが日常でした。

思春期は同じようなものばかりを食べ、社会人では仕事の忙しさから外食ばかりで食をおろそかにしていました。

食をおろそかにしていた私ですが、航空会社時代では、不定期便の機内食の手配や外国人スタッフの夜食の準備なども業務の一環としてやっていました。制限食があるお客様、外国人スタッフでは日本人にはあまり理解できない思想上の食べられないものがあったり、大変いい経験をさせていただきました。

そんな私が初めて食の大切さを知ったのは、母や父が続いて病に倒れ入院・手術となった時に担当医から食生活について注意されました。

父も母も自営業でしたので不規則な食生活でしたし、母は食のアレルギーがあったのでそれを避けるのもあり同じようなものばかりを食べていました。

病はその一時の治療だけではなくそれが終わってもその後の人生に大きな影響をおよぼします。

9つの「こ」食を解決するには、食事面だけでなく人と人とのコミュニケーションづくりが重要です。

私がヴィーガンと初めて出会ったのは、シュガークラフトで短期留学していたイギリスでした。母が食のアレルギーがあるので大変興味を持ちました。

ただ完全なヴィーガンだと少し窮屈に感じました。

ならば、8割ヴィーガンでいいのではないか?!と考えるようになりました。

先にも書きましたが食とはコミュニケーションの一環でもあります。

8割ヴィーガンだったら、親しい友人との食事も気兼ねなくできますよね。

9つの「こ」食の問題や8割ヴィーガンを一人でも多くの方に伝えていきたいと思っていますが、足で伝えるのは限界があります。

そこで!

ネットならば日本全国へまた世界中に伝えることが出来ます。

そう想い、どこでも好きな場所・時間で学ぶことが出来るヴィーガンレシピを動画で学べるオンラインカレッジを開講することにしました。

あなたにお目にかかるのを楽しみにしております。