細菌性の食中毒の発生について

細菌性の食中毒は夏場に多くなります。

細菌が高温多湿を好み、梅雨から9月頃にかけて増殖が活発になるためです。

細菌性の食中毒とは…細菌を原因とする胃腸炎の一種です。

主症状…吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱

高齢者や乳児では重症になることもあります。

【次の点に注意】

*生鮮食品は、新鮮なものを購入すること

*冷蔵・冷凍が必要なものはすぐにしまうこと

*食品を持ち歩く時は保冷剤を使用すること

*食品は十分に加熱すること

*食品を扱う前後は、石鹸で手や指をよく洗うこと

これらの点に注意し、また食中毒予防に効果があるスーパーフードが、あります。

それは、

しそ

です。

香りを嗅ぐだけでも、食中毒予防効果があることが研究により発表されています。

V レピオンラインガレッジでは、「しそ」を使ったレシピも動画配信してます。

しそを食べて、食中毒予防に役立ててくださいね。

LINE@登録はこちら!

LINE@やっています。
お得な情報も配信していきますので、登録してみてくださいね。無料です(^^♪

登録はこちらをクリックしてください

Related Entry

スーパーフード「クコの実」

アイチエイジング、ダイエットの強い見方とは?