原材料から考えられること


画像は、市販されている、お水を加えて練るだけで簡単にシュガーペーストを作ることが出来る粉です。とても便利で、食べない工芸品として作品を作るときは私も使用したりします。

原材料を見てみましょう。

キサンタンガムと書いてあります。

これは、粘りや安定剤として、多くの加工食品や化粧品に使われていますね。

キサンタンガム自体にはほとんど毒性はないと思います。

安全性は高いとされています。

キサンタンガムの作り方は、工業的にトウモロコシなどのデンプンをエサに微生物を培養します。

トウモロコシと聞いて、何か思いませんか?

日本はトウモロコシの輸入を外国に頼っています。

遺伝子組み換え作物の可能性が高いのです。

食品添加物は、それ自体の原材料表記ルールはありません

日本は食品表示ルールが世界一甘い国ですから(笑)

原材料表示だけを頼るのではなく、その奥にあるものも考えたいですね。

※私の独自の考え方です。画像の商品が悪いと言っているわけではありません。誤解のないようにお願い致します。

 Vレピ オンラインカレッジ で配信している「オーガニックシュガークラフト」は、一般社団法人日本クラフト作家協会が独自に開発した白砂糖、乾燥卵白などを使わない体にやさしいシュガークラフトです。

 

LINE@登録はこちら!

LINE@やっています。
お得な情報も配信していきますので、登録してみてくださいね。無料です(^^♪

登録はこちらをクリックしてください

Related Entry

お砂糖の歴史

オーガニックシュガークラフトとは?

シュガークラフト業界に革命!!

アルツハイマーの原因という説